NEWS

研究成果

公開日:2019.11.25

青色EL材料の性能向上につながる新しい有機ホウ素化合物を開発
次世代ディスプレイや照明装置の開発に向けた優れた青色有機ELの低コスト化に展望

研究成果 工学

 茨城大学の吾郷友宏准教授、九州大学の安田琢麿教授、京都大学の時任宣博教授らの研究グループは、酸素原子を導入した有機ホウ素化合物を活用することで、優れた発光効率と色純度を併せ持つ有機EL用の青色蛍光体の開発に成功しました。今回の成果は、ラダー構造と呼ばれる梯子状に縮環した分子骨格にホウ素・酸素原子を埋め込むことが、優れた青色発光特性の発現に重要であることを明らかにしたものです。
 今後は有機EL材料としての実用化を目指したさらなる研究とともに、青色以外の様々な波長域への展開を図り、EL照明を始めとする様々な応用を狙います。
 この成果は、2019年11月22日付で米国化学会の雑誌ACS Materials Lettersに速報版(オンライン)として掲載されました。

研究に関するお問い合わせ先

安田 琢麿 稲盛フロンティア研究センター 教授
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • 青色EL材料の性能向上につながる新しい有機ホウ素化合物を開発 次世代ディスプレイや照明装置の開発に向けた優れた青色有機ELの低コスト化に展望

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る