NEWS

研究成果

公開日:2016.02.19

インターネット大容量光通信への応用に期待!
-分子の回転周波数での光波変調を世界最高の効率で実現-

研究成果 工学

 九州大学大学院工学研究院の財津慎一准教授、今坂藤太郎教授らの研究グループは、水素分子の回転運動周波数に一致する17.6テラヘルツ(テラヘルツは1012ヘルツ)という超高周波数での、連続発振レーザー光に対する光波変調を世界最高効率で実現しました。この研究成果は、従来の電気光学効果に基づいた光変調器の性能を飛躍的に向上させ、1秒間に10兆回以上の繰り返し数で光パルスを発生する光源やインターネットなどの大容量光通信への応用が期待されます。
 本研究成果は、2016年2月18日(木)午前10時(英国時間)に英科学誌Nature姉妹誌のオンラインジャーナル『Scientific Reports』で公開されました。

分子光学変調器の模式図

出力光のスペクトル。光波変調の結果として、2本のサイドバンドが発生している。

研究者からひとこと

非常に強いレーザー光を使用しなくても、分子の超高速な運動による光の変調が高い効率で実現できるようになりました。まだ実用化に向けたスタート地点の段階ですが、将来には多くの分野で利用される技術へと育てていきたいと考えています。

論文情報

Continuous-wave phase-matched molecular optical modulator ,Scientific Reports,
10.1038/srep20908

研究に関するお問い合わせ先

大学院工学研究院 准教授 財津 慎一
大学院工学研究院 教授  今坂 藤太郎
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • インターネット大容量光通信への応用に期待! -分子の回転周波数での光波変調を世界最高の効率で実現-

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る