NEWS

トピックス

公開日:2003.03.31

学術研究都市構想の推進に向けて

トピックス

1.「構想促進東京会議」発足

 九州大学新キャンパスを中心とする学術研究都市構想を進める「九州大学学術研究都市推進協議会」(会長:大野茂(社)九州・山口経済連合会会長、代表委員:大野茂会長、麻生渡福岡県知事、山崎広太郎福岡市長、梶山千里九州大学総長)は、構想の具体的推進を目的に、中央で活躍するオピニオン・リーダーの意見を伺うための、28名の委員から成る「九州大学学術研究都市構想促進東京会議」(会長:前田勝之助東レ㈱会長、副会長:石黒正大東京ガス㈱常務、桑原洋㈱日立製作所副会長)を設立。平成15年1月29日(水)には、その設立総会が開催されました。


2.シンポジウム開催される

 同日には、「21世紀の産学連携・学術研究都市に求められるもの」を主題とするシンポジウムも開催されました。
 日本ケイデンス・デザイン・システムズ社長で米国通商代表部、日本AT&T副社長の経歴を有するグレン・S・フクシマ氏による基調講演「日本の学術研究都市と産学連携」、山本肇NHK解説委員をコーディネーターとし、荒蒔康一郎キリンビール㈱社長、所眞理雄ソニー㈱上席常務、高田仁㈱先端科学技術インキュベーションセンター前副社長、美馬のゆり公立はこだて未来大学教授、そして村上敬宜九州大学工学研究院長をパネラーとしたパネル・ディスカッション、その後財界や政界から多くの方々が参加して開催された交流会で、九州大学学術研究都市づくりに向けた多くの意見が交換されました。


 なお、シンポジウムの模様は、NHKテレビで放映されます。

◎2月22日(土)午後4時から NHK教育テレビ

◎3月1日(土) 午後5時から NHKBS1「BSフォーラム」

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る