NEWS

トピックス

公開日:2003.03.31

新キャンパス 建物建設はじまる

トピックス

 1月15日(水)、福岡市西区元岡・桑原地区の新キャンパス用地では、2002年3月造成が終了したⅠ工区に、新キャンパス最初の建物である工学系研究教育棟の建設を開始するに当たり、関係者約100名が列席して、起工式が催されました。

 梶山千里総長は式辞の中で「今日に至るまで多大なご協力、ご尽力を賜った多くの関係者の方々に厚く御礼申し上げます。私を始め本学の教職員にとっても、本日を迎えることができたことは大きな喜びです。平成16年4月には国立大学の法人化が予定されており、今後は競争の時代が到来します。九州大学も教官一人一人が創造的研究を進展させ、真の世界の一流と自他共に認める個性溢れる大学となることを目指します。新キャンパスはその実現に不可欠です。九州大学学術研究都市構想の推進を含めて、皆様の一層のご理解とご協力をお願いいたします。」と述べました。

 この後、萩原久和文部科学省文教施設部長(高久晴技術参事官代読)、山崎広太郎福岡市長による来賓祝辞に続き、工事の安全を祈願して関係者による「鍬入れ」が行われました。

 今回着工されるのは、工学研究院機械航空系部門群及び物質科学系部門群が入る、工学系研究教育棟II・IIIと呼ばれる地上9階の建物(約4万5千m2)で、2005年3月竣工、2005年後期に開校予定です。今後、建物建設と他の工区の造成が並行して行われ、2015年の移転完了を目指しています。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る