NEWS

トピックス

公開日:2016.04.14

福岡演習林で研究紹介およびサクラ見学会を開催

トピックス

 平成28年4月5日(火),農学部附属演習林福岡演習林において,演習林研究紹介およびサクラ見学会を開催しました。この催しは,日頃から本学演習林をご支援をいただいている地域の皆様に演習林の活動状況を幅広く知っていただくために毎年開催しているもので,演習林が所在する篠栗町・久山町および伊都キャンパスが所在する糸島市の関係者の方々と,本学の久保総長,井上理事・副学長,荒殿理事・副学長,青木理事・副学長,玉上理事・事務局長をはじめとする九大関係者合わせて約80名が参加されました。

 参加者には,演習林創設百周年を機に植え替えられた若いサクラ並木,早生樹植栽試験地,「かすや資料館」などを視察した後,宿泊棟講義室に展示した福岡演習林,宮崎演習林,北海道演習林における教育研究・地域連携・国際交流活動に関するポスターを題材に,演習林教職員・大学院生と熱心に意見交換されました。

 その後の懇親会において,久保総長から「演習林が地元の方々と共に益々発展していくことを願っています。」との挨拶があり,篠栗町・久山町の大半を占める山林の活用,地域の発展や活性化ならびに本学の教育研究・地域貢献に対して活発な意見交換が行われました。また,懇親会では林内で採れたシイタケのほか,演習林が所在する福岡,宮崎(椎葉村),北海道(足寄町)の名産物や料理が並び,参加者は各々,旬の味覚に舌鼓を打ちました。

満開のサクラの前で集合写真

挨拶をされる久保総長 

ポスターを前に意見交換

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る