NEWS

トピックス

公開日:2016.06.09

「分子システムデバイスコース」海外武者修行報告会を開催

トピックス

 文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム」採択事業である「分子システムデバイスコース」は,産官学においてグローバルに活躍するリーダーの養成を目的とした,本学大学院の博士課程5年一貫のコースです。その中の必修プログラムの一つである「海外武者修行」は,グローバルな視点で先導的な研究開発を推進し,高いコミュニケーション能力でリーダーシップを発揮できる人材を育成することを目的とし,3年次に海外の大学・研究機関・民間企業で最長9ヶ月間の研究留学を行うものです。平成27年度には,第1期生16人が世界6カ国で実施しました。

 平成28年5月11日(水),武者修行を終え帰国したばかりのコース生が集い,伊都キャンパス稲盛財団記念館稲盛ホールで「海外武者修行報告会」を開催しました。コース生は,学内外の約80名の参加者の前で海外での研究や生活を通して得た成果を報告し,三重野寛之さん(工学府・物質創造工学専攻)と篠原修平さん(理学府・化学専攻)が代表してプレゼンを行いました。

 また,後日,第1期生を代表して中西契太さん(理学府・化学専攻)と永冨久乗さん(工学府・物質創造工学専攻)が,久保総長に海外武者修行の成果報告を行いました。海外での研究スタイルの違いや異文化での経験などについて久保総長から熱心な質問を受けた2人は,厳しい環境の中で困難を乗り越え成長したこと,武者修行を通して新たな視点や気付きを得たことなどについて報告しました。

海外武者修行報告会の様子

海外武者修行報告会で代表プレゼンを行う三重野寛之さん

熱心に質問をされる久保総長

右から,石塚賢太郎准教授(分子システムデバイス国際リーダー教育センター),安達千波矢主幹教授(分子システムデバイス国際リーダー教育センタープログラムコーディネーター),中西契太さん,久保千春総長,永冨久乗さん,玉上晃理事・事務局長

お問い合わせ

分子システムデバイス国際リーダー教育センター
リーディングプログラム支援室
支援室長 黒川 雅之(くろかわ まさゆき)
電話:092-802-2911
FAX:092-802-2912
Mail:office★molecular-device.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る