NEWS

トピックス

公開日:2016.10.27

中国科学院 丁副院長らが表敬訪問

トピックス

 平成28年10月21日(金),中国科学院の丁仲礼副院長(兼中国科学院大学学長)ら一行7名が,久保総長を表敬訪問されました。
 今回の訪問は,日本と中国の環境・エネルギー研究の発展・交流を推進するため,両分野の優れた研究実績を持つ本学との意見交換を目的とするものです。
 本学の研究紹介として応用力学研究所の竹村俊彦教授より大気中の微粒子(エアロゾル)の濃度や気候変動への影響をシミュレートする数値モデルSPRINTARS等の紹介がありました。また,工学研究院の島岡隆行教授より廃棄物の処理や循環資源利用等の紹介があり,続けて日本と中国の環境・エネルギー研究について活発な意見交換が行われました。
 その後,工学研究院佐々木一成主幹教授の案内で水素エネルギー国際研究センターのショールームの案内や燃料電池自動車MIRAI,CLARITYの紹介を行うなど有意義な意見交換会となりました。

表敬訪問された丁副院長(左から6人目)ら一行

環境・エネルギー研究に係る意見交換

研究紹介をする竹村教授

MIRAIの説明を受ける丁副院長ら

お問い合わせ

九州大学研究推進部学術研究推進課企画係
Mail:gjgkikaku★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る