NEWS

トピックス

公開日:2017.04.27

応用力学研究所の竹村教授がクラリベイト・アナリティクス社の「Highly Cited Researchers 2016」に3年連続の選出!

トピックス

 本学の応用力学研究所の竹村俊彦教授が,世界的な情報サービス企業であるクラリベイト・アナリティクス社から,地球科学(Geosciences)の分野において,同社の論文動向分析データベースを用いた独自の分析によりHighly Cited Researchers(高被引用論文著者)として,3年連続で選出されました。
 今回のHighly Cited Researchers では,平成16(2004)年から平成26(2014)年の11年間に公表された論文・引用データから,各研究分野においてトップ1%の被引用数を持つインパクトの非常に高い論文を一定数以上発表されている方が「世界で影響力を持つ科学者」として選ばれています。
 竹村教授は,大気中の浮遊微粒子であるエアロゾルの気候影響評価を主な研究テーマとして活発な研究活動を行うとともに,将来の気候変動予測や,自身のWebページでエアロゾル週間予測を掲載されるなど積極的な情報発信も行っています。
 平成29年4月24日(月),伊都キャンパスの椎木講堂において授与式を行い,同社から交付されたHighly Cited Researchers の認定証であるOfficial Certificateを,若山正人理事・副学長が竹村教授に授与しました。
 授与式で若山理事・副学長は,「九州大学を牽引するリーダーとして,日本の学術研究の発展のために,益々の活躍を期待したい」とお祝いの言葉を述べました。
 授与式に引き続き,クラリベイト・アナリティクス社の三輪カスタマーエンゲージメントマネージャーから,引用分析で見る竹村教授と本学の研究業績についての分析や学術研究の世界的な動きなどについて説明があり,竹村教授の論文は,海外からの引用度が高く,世界が関心を寄せている表れであると述べられました。 

【竹村俊彦教授Webサイト】:http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/toshi/

Official Certificateを授与された竹村教授(左)と若山理事・副学長

クラリベイト・アナリティクス社三輪氏による選出の背景等の説明

左からクラリベイト・アナリティクス社の三輪氏,竹村教授,若山理事・副学長

お問い合わせ

研究・産学官連携推進部研究企画課総務・企画係
Mail:kissomu★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

  • トップページ
  • NEWS
  • トピックス
  • 応用力学研究所の竹村教授がクラリベイト・アナリティクス社の「Highly Cited Researchers 2016」に3年連続の選出!

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る