NEWS

トピックス

公開日:2017.04.27

薬学研究院Jose Manuel Martinez Caaveiro准教授がスペイン国王のフェリペ6世夫妻との交流会に参加

トピックス

 平成29年4月4日(火)から4月7日(金),スペイン国王のフェリペ6世夫妻が国賓として来日し,天皇,皇后両陛下と会見,安倍晋三首相と会談などを行いました。
 4月5日(水)には,スペイン大使館から「日本で活躍するスペイン人研究者(約10名)」に選ばれた,薬学研究院グローバルヘルスケア分野のJose Manuel Martinez Caaveiro(ホセ マニュエル マルチネス カアベイロ)准教授が,日本科学未来館(東京都)にて,国王夫妻,同行したカルメン ベラ氏(スペイン王国 経済・競争力省 調査・開発・イノベーション担当総局長官)と意見交換を行いました。
 Jose Manuel Martinez Caaveiro准教授は,スペインバスク地方の出身で,スペインバスク自治州大学で博士号を取得し,米国マサチューセッツ工科大学,ブランデイズ大学で博士研究員を経て,平成19年から日本で博士研究員として活躍しています。また,平成29年2月,東京大学大学院工学系研究科の主幹研究員から,本学薬学研究院が部局活性化制度で獲得した教員ポイントにより新設された「グローバルヘルスケア分野」の准教授に着任しています。

正面がスペイン国王,右隣が王妃,その隣がカルメン ベラ長官。第二列の一番左がJose Manuel Martinez Caaveiro准教授

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る