NEWS

トピックス

公開日:2014.12.15

農学部附属農場で収穫祭を開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成26年12月5日(金),福岡県糟屋郡粕屋町の本学農学部附属農場(原町農場)において,収穫祭を開催しました。久保総長をはじめとした本学教職員,学生のほか,粕屋町の因清範町長をはじめとした地元関係者,移転先である伊都キャンパスが位置する糸島市の関係者合わせて約70名が参加しました。その年の収穫を祝うとともに,日頃からご支援をいただいている地域の皆様に感謝の意を表しました。
 収穫祭では,農学研究院の平松和昭研究院長から,農場で開発され市場でも好評な九州大学育成ブドウ新品種「BKシードレス 」や農場産の牛肉「Q Beef 」の実証研究が開始された話題を紹介しました。また,農場の教職員からは間近に迫ってきた農場の伊都キャンパスへの移転に関連して,これまでお世話になった粕屋町への感謝と関係継続のお願い,ならびに新しくお世話になる糸島市への期待を伝えました。会場では,農場での種々の研究がパネルで紹介され,農場内で発見された「糟屋官衙(かんが)遺跡群阿恵遺跡」の紹介パネルも注目を浴びていました。
 12月の特に寒い日の開催でしたが,参加者の方々には農場産の食材をふんだんに使った料理をご賞味いただき,身も心も温まる収穫祭となりました。


【写真】

(上)因町長からのご挨拶

(中)出席した久保総長(中央)ら学内関係者

(下)農場産の食材をふんだんに使った料理


このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る