NEWS

トピックス

公開日:2017.11.01

「九州帝國大學工學部」銘板モニュメント除幕式が行われました

トピックス

 平成29年10月21日(土)に、工学部と工学部同窓会の主催による「九州帝國大學工學部」銘板モニュメントの除幕式が行われました。モニュメントは、黒御影石の中央に、1919年(大正8年)に旧工科大学から工学部へ改称された際に製作されたといわれる「九州帝國大學工學部」の銘板(複製)をあしらったもので、工学部同窓生の「新しい建物が並ぶ伊都キャンパスにあり、箱崎と工学部百年の歴史を感じることができる記念のものを」という想いにより、今回本学へ寄贈されました。
 式典では工学部同窓会会長である髙松 洋 工学部長から挨拶があった後、元九州大学総長・元工学部長の梶山 千里 様(現福岡女子大学学長)、元工学部長の尾崎 龍夫 様、工学部同窓会副会長の福江 一郎 様(三菱重工業株式会社・元代表取締役副社長執行役員)をはじめ、久保総長、安浦 寛人理事・副学長(キャンパス移転担当)、髙松 工学部同窓会会長・工学部長による記念の除幕が行われました。セレモニーは、同日開かれた本学アカデミックフェスティバルを訪れた市民の方々、工学部の学生・教職員が見守るなか執り行われ、その様子は工学部が今年初めて開催した「工学部在学生保護者のためのオープンキャンパス2017」に参加した保護者の方々へもライブ中継され、盛大な拍手の裡に幕を下ろしました。
 モニュメントは伊都キャンパスウエスト4号館そば南側に立っています。
 「九大工学部百年」。急速に整備が進む新キャンパスにあって悠久の歴史を感じることができる新たなスポットとなりました。

(右から)尾崎 元工学部長、梶山 元九大総長・元工学部長、久保総長、髙松 工学部同窓会会長・工学部長、福江 同窓会副会長、安浦理事

除幕前のモニュメントを前に挨拶する髙松工学部同窓会会長・工学部長

参加者を前に挨拶する 福江 工学部同窓会副会長

九州大学を代表して謝辞を述べる久保 総長

お問い合わせ

九州大学工学部等総務課庶務係 鶴岡
電話:092-802-2708
Mail:kossyomu★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る