NEWS

トピックス

公開日:2018.10.09

平成30年度秋季学位記授与式を挙行

トピックス

 平成30年9月25日(火)、伊都キャンパスの椎木講堂で、平成30年度秋季学位記授与式を挙行し、学士課程62名、修士課程174名、専門職学位課程2名、博士課程187名の計425名が新たに本学の学位を授与されました。
 式は本年4月以降に学位取得の要件を満たした卒業生・修了生が出席し、留学生修了者の増加や大学の国際化を踏まえ、使用言語は英語で行っています。
 久保千春総長から各課程の代表者に学位記を授与した後の総長告辞では、「九州大学を卒業したことに誇りを持ち、学んだことを生かし、夢を持って今後の未来を切り開いて、大きく飛躍してほしい。」と激励の言葉を述べられるとともに、卒業生・修了生がグローバル社会を力強く牽引するリーダーとして大成することを期待して告辞を結び、はなむけの言葉として贈られました。
 また、卒業生・修了生を代表して、歯学府博士課程のTamer Abdelhady Badawyさんが「九州大学での研究、学びを通して培った能力や知識をさらに深め、すべての卒業生・修了生が自らの夢を実現させることを信じています。」と答辞を述べました。
 なお、式では総長、理事、監事および各課程の修了代表者に加え、今回から新たに各学部・学府の長も大学オリジナルで作成したアカデミックガウンを着用することとなり、厳格な雰囲気の中にも一層華やかさが漂う印象的な式典となりました。

式典の様子(久保総長による告辞)

答辞を述べる歯学府博士課程のTamer Abdelhady Badawyさん

お問い合わせ

学務部学務企画課総務係
電話:092-802-5925

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る