NEWS

トピックス

公開日:2019.02.20

将来の夢を切り拓く“高大連携”を開催

トピックス

 昨年12月22日(土)、伊都キャンパスにおいて『将来の夢を切り拓く“高大連携”「世界に羽ばたく高校生の成果発表会」』を開催しました。
 このイベントは、本学が実施しているグローバルサイエンスキャンパス(GSC)および九州・山口のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)、スーパーグローバルハイスクール(SGH)の取組と成果を発表するために開催したものです。
 ポスターセッションでは、総勢196人の高校生が66件のポスター発表を行い、高校生たちの懸命な説明に聞き入る多くの参加者でにぎわいました。
 また、基調講演では、ロボットコミュニケーターの吉藤健太朗氏(株式会社オリィ研究所代表)から「サイボーグ時代の人生戦略」をテーマに講演があり、現代社会にあふれる「孤独」問題を提起するとともに、分身ロボットを使った新たな形の社会参加の提案など熱い思いが語られ、講演後は活発な質疑応答が行われました。

【ポスターセッション受賞ポスター】

《最優秀賞》
 ヤクシマエゾゼミはなぜそこにいるのか?~350Kmの隔離分布の謎に迫る~(鹿児島県立国分高等学校)

《優秀賞》
 雄ザルの子ザルに対するグルーミング行動の要因~高崎山にイクメンザルはいるのか~(大分県立大分舞鶴高等学校)
 もみ殻を最大限活用したバイオエタノールの生成(鹿児島県立国分高等学校)
 市民の力で北九州市を住みやすい街に(明治学園高等学校)
 送風機のプロペラにおける騒音の対策(大分県立大分舞鶴高等学校)
 他1点

《参加者が選ぶ世界に羽ばたくで賞》
 金属樹成長の謎を探る(熊本県立熊本北高等学校)
 Escape~避難を効率よく行うために~(熊本県立熊本北高等学校)

ポスターセッションの様子

熱心に研究発表する高校生

講演する吉藤氏

ポスターセッション授賞式

参加者全員による記念撮影(前列中央部左から副島副理事、山縣理事、上原教授)

お問い合わせ

学務部学務企画課企画調査係
電話:092-802-5811
Mail:gakikaku★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る