NEWS

トピックス

公開日:2019.02.25

人社系コモンズ・キックオフ講演会「学際的か、それともディシプリンの拡大か」を開催

トピックス

 平成31年1月30日(水)、人社系協働研究・教育コモンズ*のキックオフ企画として講演会「学際的か、それともディシプリンの拡大か」を本学伊都キャンパスイースト2号館で開催しました。
 当日は、村上裕章法学研究院長(コモンズ企画運営室室長)により開会の挨拶および講演会の趣旨説明がなされたあと、まず基調講演として竹沢尚一郎氏(国立民俗学博物館名誉教授)より「学際的か、それともディシプリンの拡大か」と題したご講演をいただきました。その後、コーディネーターの小島立准教授(法学研究院)の司会により、4部局からのディスカッサントとして遠城明雄教授(人文科学研究院)、飯嶋秀治准教授(人間環境学研究院)、入江秀晃准教授(法学研究院)、八木信一教授(経済学研究院)にご登壇いただき、それぞれのご専門から見た竹沢先生のご研究に対する視点や見解を論じてもらい、学際的研究のあり方や方法について議論しました。
 講演会には、本学教職員・学生・学外からの参加者など約60名にご参加いただき、3時間にわたる白熱した講演・ディスカッションが行われました。参加者からは、「竹沢先生の『学際的であることを目指したことはない、気が付くと学際的になっていた』というご発言に共感しました」、「九州大学としてどのように学際研究を進めていくのかを広く議論する場を今後も提供してほしい」などの感想がありました。
 さらに、講演者、コーディネーター、ディスカッサントを囲んでの懇親会も開催し、議論を深めました。
 第2回講演会「仮設の文化を考える」は平成31年3月15日(金)14時30分からイースト2号館D-105で開催予定です。詳しくは、下記ウェブサイトをご覧ください。
 http://commons.kyushu-u.ac.jp/collaborative/ 

※九州大学の人文社会系4部局、「人文科学研究院」「人間環境学研究院」「法学研究院」「経済学研究院」は、人文社会系の学部および学府(九州大学では、教育組織としての大学院を「学府」と呼びます)における共同研究活動と、異分野融合による新たな研究分野や研究課題の創発をめざす協働研究活動との両輪を統括し、管理運営していく態勢をとるために、「人社系協働研究・教育コモンズ」を立ち上げました。

村上法学研究院長による開会の挨拶

竹沢尚一郎国立民族学博物館名誉教授による 基調講演

ディスカッションの様子

左から、小島准教授、遠城教授、八木教授、 竹沢名誉教授、入江准教授、飯島准教授

九州大学 人社系協働研究・教育コモンズ

ホームページ:http://commons.kyushu-u.ac.jp/
お問い合わせ先:collaborative.platform★cmns.kyushu-u.ac.jp
        (※メールアドレスの★を@に変更してください) 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る