NEWS

トピックス

公開日:2019.08.26

本学情報基盤研究開発センター「附属汎オミクス計測・計算科学センター」開所式典を開催

トピックス

 本学情報基盤研究開発センターでは、平成31年4月1日(月)に「附属汎オミクス計測・計算科学センター」が設置されたことを記念し、去る8月2日(金)に開所式ならびに記念講演を開催しました。 
 開所式では、小野謙二情報基盤研究開発センター長の式辞後、久保千春総長、安浦寛人理事・副学長の挨拶に続き、西井知紀文部科学省研究振興局学術機関課長(代読 小林課長補佐)、田浦健次朗東京大学情報基盤センター長、栄元雅彦富士通株式会社TCソリューション事業本部計算科学ソリューション統括部長が祝辞を述べられました。最後に、小野謙二汎オミクス計測・計算科学センター長からセンターの紹介が行われ、閉会となりました。
 開所式に引き続き行われた記念講演では、宮野悟東京大学医科学研究所教授による「世界トップの癌ゲノム研究をたたき出し続ける研究者とスーパーコンピュータ」、吉田亮統計数理研究所データ科学研究系教授による「機械学習の先進技術がもたらす物質・材料研究の革新 現状と課題」の講演が行われ、参加者は貴重な講演に興味深く聞き入っていました。
 開所式典には、学内外から関係者約130名の参加があり、汎オミクス計測・計算科学センターでは、計測科学・データ科学・計算科学・数理科学を統合した新たな科学的アプローチ手法の確立により若手研究者の人材育成と研究推進などを実現するため、学内五つの共同利用・共同研究拠点(生体防御医学研究所、応用力学研究所、先導物質化学研究所、マス・フォア・インダストリ研究所及び情報基盤研究開発センター)が密に連携して取り組んでいきます。

久保千春総長の挨拶 

西井知紀文部科学省研究振興局学術機関課長(代読 小林課長補佐)の祝辞

宮野悟東京大学医科学研究所教授による講演

吉田亮統計数理研究所データ科学研究系教授による講演

お問い合わせ

九州大学情報システム部情報企画課
電話:092-802-2617
Mail:sojkikak★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る