NEWS

トピックス

公開日:2013.02.20

学生の視点から大学の国際化を考える大学国際化トーク・フォーラムを開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成25年1月17日(木),早稲田大学において本学国際化学生委員会 (※)主催の大学国際化トーク・フォーラム「理想のキャンパスを作ろう!」を開催しました。
 本フォーラムは,早稲田大学国際コミュニティセンターの協力の下,学生の視点から大学の国際化事情に関する情報交換,ならびに学生間のネットワーク構築を目的として,学生主導で企画・実施され,本学を含む7大学(筑波大学,東京大学,慶応義塾大学,上智大学,明治大学,早稲田大学,九州大学)から40名の学生(日本人学生24人,留学生16人)が参加しました。
 参加7大学学生代表者による,「優れた国際化の取組み事例」についてのパネルディスカッションの後,国際化された大学のグランドデザインを描くことを目的に,施設,サービス,国際交流活動・イベント等のテーマ毎にグループに分かれ,ブレインストーミングを行いました。グループワークの成果発表に引き続き,本学生物資源環境科学府博士課程3年のAbiodun Moses Olabiyiさんが,「学生の描く理想のキャンパス像」について総括し,盛況のうちに閉会しました。
 また,フォーラム終了後には懇親会を行い,よりインフォーマルな雰囲気の中,参加学生は大学の枠を超えたネットワーキングの機会を得ました。
 なお,フォーラムの前後には,国際化学生委員会のメンバーで慶應義塾大学,上智大学,早稲田大学を訪問し,学生交流や修学サポートに関する施設などの見学を行いました。委員会メンバーからは,各大学のユニークな取組みについて多くの活発な質問がなされました。

 

(※)国際化学生委員会:本学グローバル30プロジェクトによる取組の一環として設置した委員会で,学生(日本人学生及び留学生)委員と教員委員から成り,日本人学生と留学生との交流を促進し,本学の国際化を図るための活動や検討を行っています。


【写真】
(上)パネルディスカッションの様子
(中)司会を務めた大島怜子さん(本学21世紀プログラム課程4年)
(下)フォーラム後の懇親会

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る