NEWS

トピックス

公開日:2013.01.08

九州大学・福岡県教育委員会共同開催シンポジウムを開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成24年12月8日(土),創立五十周年記念講堂において,九州大学・福岡県教育委員会共同開催シンポジウム「新たな未来を築くための人材育成と教育の接続」を開催し,小・中・高等学校及び大学の教育関係者並びに保護者の方々など約650名が参加しました。
 当日は,有川節夫総長,杉光誠福岡県教育委員会教育長から挨拶の後,清水孝雄東京大学理事・副学長から「秋入学と総合的教育改革~タフで,グローバルな学生を育てるために,大学はどう変わり,社会は何をすべきか~」と題する講演が行われました。
 続いて,丸野俊一理事・副学長をコーディネーターに,渡辺朱美レノボ・ジャパン(株)代表取締役社長,山本直俊春日市教育委員会教育長,白石隆佳福岡県立筑紫丘高等学校長,有川節夫九州大学総長をパネリストに迎え,「グローバル時代の人材育成と小・中・高・大の接続」と題するパネルディスカッションが行われました。4名のパネリストから,産業界,小・中学校,高校,そして大学とそれぞれの立場におけるグローバル時代の人材育成と教育の接続について,現状と課題,理想と現実のギャップ,あるべきリーダー像などについての話があった後,フロアーからの意見・質問を含めた質疑応答等が行われ,盛況のうちに終了しました。
 小学校から大学まで,そして産業界を含めた教育の接続に関するこのようなシンポジウムは本学で初めてのものであり,本学は今後もこのような取組を継続していきます。

 

【写真】
(上) 清水東京大学理事・副学長による講演
(中) パネルディスカッションの様子
(下) 会場の様子

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る