NEWS

トピックス

公開日:2012.11.27

陸水生態系保全国際ワークショップ開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   平成24年11月26日(月)~27日(火),伊都キャンパスの稲盛財団記念館において,東アジア・東南アジアにおける陸水生態系保全に向けた国際ワークショッ(International Workshop on Freshwater Biodiversity Conservation in Asia)が本学主催で開催され,メコン川委員会のソ・ナム氏をはじめ中国,タイ,ベトナム,マレーシア,インドネシアなど10ヶ国から70名の研究者が参加しました。

 現在,経済発展が著しい東アジア・東南アジアにおいて,人間活動の影響を受けやすい陸水生態系の保全が喫緊の課題となっています。本学が中心となって実施している環境省の戦略的研究プロジェクトに基づき開催された本ワークショップでは,生態学,保全生態学,水産学,分類学,経済学,社会学など多様な分野にわたる議論が行われ,今後,協力して東アジア・東南アジアの保全を進めていくことで合意しました。

 この地域における陸水生態系の保全については,重要性が認識され,多くの研究が行われてきましたが,各研究者・機関・国単位で行われており,共同研究や国際的なネットワークはほとんど確立されていない状況でした。しかし,今回のワークショップにおける情報交換を通じて,東アジア・東南アジアにおける全体的な陸水生態系保全に向けて研究を進めていく体制が整いました。

 今後,今回構築された国際的なネットワークを通して,東アジア・東南アジアにおける陸水生態系保全がより強力に推進されることが期待されます。

 

【写真】
稲盛ホールにおけるワークショップ開催の様子

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る