NEWS

トピックス

公開日:2012.10.12

「英語による教授能力」向上のためのワークショップを開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成24年9月24日(月)~26日(水)の3日間,箱崎キャンパス留学生センターにおいて「英語による教授能力」向上のためのワークショップを開催しました。
このワークショップは,グローバル30による国際コースの拡充に伴い,英語による講義が増加していく中で,講義を担当する教員の英語による教授能力を高めるための全学的な取組の一環として,昨年度から実施しているものです。
 今年度も,本学の交流協定校であるアテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン)から,この分野において30年以上の教育歴を持つベテラン講師2名を招へいし,参加教員22名が2クラスに分かれて研修を受けました。
 初日から2日目にかけては,講義を効果的に進める際の目標と対象者設定の重要性,そして有用な表現やフレーズ,また時間管理方法等について学んだ後,参加教員の専門分野に関するジャーゴン(専門用語)やテーマについて,その場で短時間のプレゼンテーションを行い,相互に批評し合いました。最終日はワークショップの総仕上げとして実際の講義を想定し,一人あたり20分程度のプレゼンテーションを行いました。
 参加した多くの教員から非常に有意義であったとの感想が寄せられており,来年度以降も同様のワークショップを継続する予定です。
 なお,今回も「大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業」(グローバル30)の一環として,九地域の大学にも参加を呼びかけ,福岡女子大学,佐賀大学,大分大学,鹿児島大学,山口大学,西南学院大学の教員にもご参加いただきました。


【写真】
(上)ワークショップの様子(Apricinia Fernandez先生)
(下)ワークショップの様子(Ana Marie Fernandez先生)

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る