NEWS

トピックス

公開日:2012.10.03

糸島市の小学校で科学実験教室を開催

トピックス

Image
Image

  平成24年9月21日(金),糸島市立東風小学校にて,1年生を対象に科学実験教室を開催しました。今回の実験教室は,保護者の皆様方から小学校の親子レクリエーションとして依頼があり,社会貢献の一環として取り組んだものです。
当日は,工学研究院材料工学部門の宗藤伸治准教授,寺西亮准教授と大学院生により「びっくり科学実験(高温/低温の世界!?)」をテーマに行われ,1年生100名と保護者等106名が参加しました。「高温の世界」では,ドライヤーの熱を電気に変え,おもちゃのヘリコプターを飛ばしたり,オーブントースターでネームプレートを作ったりする実験に子どもたちは目を丸くし夢中になっていました。一方,低温の世界では,超伝導や液体窒素でモノを瞬間冷凍する実験をしました。超伝導の実験では,冷やした磁石が空中に浮いた瞬間に歓声があがり,また,モノを瞬間冷凍する実験では,子どもたちが思い思いに家から持ってきた葉やバナナを凍らせたり,アイスクリームを作って食べたりと,楽しい実験に目を輝かせていました。
お昼には給食を一緒にいただき,子どもたちから実験や大学についての質問が飛び出したり,実験で作ったネームプレートを誇らしげに見せてくれたりといった様子が見られました。子どもたちにとって,今回の実験教室は科学や大学に対して興味を持つきっかけとなったようです。

 

【写真】
(上)ヘリコプターを飛ばす実験
(下)九大生と一緒に給食を食べる子どもたち

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る