NEWS

トピックス

公開日:2012.03.26

箱崎キャンパス跡地利用の検討を開始

トピックス

Image

 本学箱崎キャンパス移転後の跡地(約42.6ヘクタール)のまちづくりを進めるにあたり,その将来のビジョンを検討するための「九州大学跡地利用将来ビジョン検討委員会」の第1回目の会議が,3月25日(日),創立50周年記念講堂大会議室で一般公開にて開催されました。
 委員会は学識者や,産業界,国,地元自治体,住民の代表など20名から成り,冒頭に委員の互選により,東京大学の出口 敦教授(大学院新領域創成科学研究科)が委員長に選出され,本学の坂井 猛教授(新キャンパス計画推進室)が副委員長に選出されました。
 会議では,箱崎キャンパス周辺地区の変遷・概況及び九大跡地利用4校区協議会の代表からの跡地利用に関する提案の説明が行われ,将来ビジョンの策定にあたって踏まえておくべき視点などについて意見交換が行われました。
 次回の会議は,5月下旬から6月上旬頃に予定されており,平成24年度末までに跡地利用についての基本的な枠組みを示す「箱崎キャンパス跡地将来ビジョン」をとりまとめ,本学総長と福岡市長に提言を行う予定です。

 

 

 

※ 第1回九州大学箱崎キャンパス跡地利用将来ビジョン検討委員会の開催について
(福岡市Webサイトへ)

http://www.city.fukuoka.lg.jp/jutaku-toshi/m-suishin/machi/hakozakicampus-shoraivision-iinkai.html

 

【本件に関する問い合わせ先】
 企画部統合移転推進課
 電話:092-802-2443

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る