NEWS

トピックス

公開日:2015.05.21

高等研究院の特別主幹教授らが1年生向けの授業「基幹教育セミナー」を実施

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成27年5月8日(金),11日(月),12日(火),14日(木)の4回に渡り,伊都キャンパスの椎木講堂にて,高等研究院の特別主幹教授および名誉教授による1年生に向けた授業が実施されました。
 本学では昨年度から,新しい教育システムである基幹教育を開始しています。本授業は,その基幹教育の理念を鮮明に具現化した科目である基幹教育セミナーのひとつで,「教員による私の学び」をテーマに4名の講師が登壇しました。講師らは,各回およそ700名の学生を前に,熱く自らの学びの姿勢や学生に向けてのメッセージを語りました。各講師の演題は次のとおりです。

新海征治特別主幹教授:「大学では何を学習し,何を実行すべきか?(一科学者の立場より)」
國武豊喜名誉教授:「私にとっての学び(なんで科学者になったの)」
笹月健彦特別主幹教授:「免疫システムの多型性と多様性に学ぶ」
中村哲特別主幹教授:「国際貢献とは。干ばつのアフガンに命の水を」

学生らは,講師らが語るそれぞれの分野での世界水準の研究を創出していく過程での,学びの姿勢・情熱やつまずき体験などの「生きざま」を聴き,「大学生としての学びの姿勢や今後の自分つくりに向けて,多くの示唆を得た」と感想を述べるなど,多くの学びを得ました。

【写真】
(上)新海特別主幹教授(左),國武名誉教授
(中)笹月特別主幹教授(左),中村特別主幹教授
(下)会場の様子

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る