NEWS

トピックス

公開日:2006.11.25

国際協力と人材育成等を目的に -JICA九州国際センターと覚書を締結

トピックス

覚書を取り交わし握手をする梶山総長(右)と笠原所長 九州大学は、平成18年11月15日(水)に、JICA九州国際センターの笠原(かさはら)所長を迎え、JICA九州国際センターとの間で開発途上国への国際協力の実施と国際協力に資する人材の育成等を目的とした覚書を締結しました。
 九州大学にとって、開発途上国への支援を行う国内の援助機関との連携は、国際協力銀行(JBIC)との包括連携協定締結に次いで2例目となり,また、JICA九州国際センターが九州にある大学と覚書を締結するのは本学が最初の大学になります。

 これまでのJICA九州国際センターとの連携は、教員との個別的なつながりに寄るところが大きかったのですが、今回覚書を締結したことにより、組織的な連携が期待されます。

 また、九州大学としては、本覚書に基づき、JICA九州国際センターとの間で定期的な協議会を開催することにより、開発途上国のニーズを収集し、九州大学の豊富な人的・知的資源を活用しながら、途上国で求められている支援を分野横断的に効果的に実施する足がかりとしたいと考えています。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る