NEWS

トピックス

公開日:2006.02.25

まもなく開院!-新病院第Ⅱ期棟の開院記念式典等を[02/24]挙行

トピックス

式典で挨拶する水田病院長 平成18年2月24日(金),新たに完成した九州大学新病院第Ⅱ期棟(北棟)開院の関係者への披露を兼ねた記念式典等が,九州大学病院地区キャンパスの医学部百年講堂で行われました。

 記念式典は,水田祥代九州大学病院長の挨拶で始まりました。水田病院長は「各診療科の枠を超えてより集中的でかつ集学的な診療を行うとともに『患者さんを動かさない病院』という九州大学病院の目標の達成を目指します」と抱負を述べました。
 式典終了後は,完成した北棟の見学会を行い,小児医療センターや小児外来,歯科外来などの施設・設備を出席者に紹介しました。

 当日の式典には,学内関係者をはじめ,関係省庁,周辺自治体や新病院の建設工事関係者など多数の出席があり,施設見学後に行われた記念祝賀会では,これまでの苦労を互いにねぎらいながら新病院の完成を祝う関係者の姿が見受けられました。


報道関係者に新病院内部を公開 開院記念式典に先立つ2月22日(水)には,報道関係者に対して内覧会を実施しました。内覧会には,九州大学記者クラブ会員等14社が取材に訪れ,水田祥代病院長が,小児医療センター,ブレインセンター,ハートセンターの3センターの設置や,歯科医療センターの北棟への移転などによる患者さん本位の全人的医療を提供することのできる病院という特徴などについて説明を行いました。

 病院職員の案内で北棟に入った報道関係者は,「森の動物たちの病院」のイメージで設計された小児医療センターや,小児外来(小児科と小児外科)などを熱心に取材,撮影し,終了予定時刻を大幅に超えて内覧会は盛況の内に終了しました。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る