NEWS

トピックス

公開日:2004.10.19

麻生知事が「ふくおか発展戦略」を講義

トピックス

 各界で活躍する方々による計13回の文理融合型の起業家育成プログラム「九州大学起業家セミナー2004」。平成16年10月18日(月)には福岡県の麻生渡知事が登壇し、「西風を起こす-ふくおか発展戦略-」と題して開講記念講演を行いました。


(麻生知事講演の要旨)
○時代は変化している。東西の壁は崩壊し、グローバリゼーションが進んでいる。国の運営のあり方も地方分権に動き始めている。常に世界を、世界の中の自分の位置を意識してほしい。世界は激変しており、激しい競争の中にある。世界に活動の場を求めてほしい。

○今は世界の情報が瞬時に入手できる時代。それを解釈する力を身に付ける努力は大切だ。知識の積み重ねの上にその力を使ってこそ正確な判断を下すことができる。

○九州大学には、システムLSIなど半導体の設計開発、水素エネルギー利用に向けた研究、有機化学、ナノテクなど世界的な研究が多くある。その良さ強さをますます伸ばしてほしい。福岡県もそういう九州大学の頭脳と協力して、成長産業を創りのために様々なプロジェクトを進めている。

○新キャンパスを都心から遠いという人がいる。バークレーやスタンフォードを例に出すまでもなく、遠くはない。バイトができず学生に人気がなくなると心配する人がいる。大学時代聞いた滝川先生の言葉を思い出す。「吸収できるときに勉強しろ。世界を相手にする君たちにバイトなどする暇はない。」

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る