NEWS

お知らせ

公開日:2017.02.14

日本学術会議・第23期学術の大型研究計画に関するマスタープラン(マスタープラン2017)に本学関係分も多数選定

お知らせ

 この度,日本学術会議第241回幹事会において,提言「第23期学術の大型研究計画に関するマスタープラン(マスタープラン2017)」が承認され,当該マスタープランに掲載される学術大型研究計画が公表されました。

 「学術の大型研究計画に関するマスタープラン」は,科学者コミュニティの代表としての日本学術会議が主体的に策定するものであり,学術全般を展望・体系化しつつ,各学術分野が必要とする大型研究計画を網羅するとともに,我が国の大型計画のあり方について,一定の指針を与えることを目的とするものです。

 学術分野のビジョン・体系に立脚した大型施設計画・大規模研究計画を「学術大型研究計画」として策定し,さらに,この「学術大型研究計画」の中から,諸観点から速やかに実施すべきと判断した大型施設計画・大規模研究計画を「重点大型研究計画」として選択することとなっております。

 今回,「重点大型研究計画」に,本学関係として「非平衡極限プラズマ全国共同連携ネットワーク研究計画」等7つの計画が選定されました。
 この他にも,本学が主たる実施機関,実行組織となる研究計画が多数選定されております。

 下記URLをご参照ください。

お問い合わせ

九州大学研究推進部学術研究推進課総務係
電話:092-802-2320
FAX:092-802-2390
Mail:kissomu★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

  • トップページ
  • NEWS
  • お知らせ
  • 日本学術会議・第23期学術の大型研究計画に関するマスタープラン(マスタープラン2017)に本学関係分も多数選定

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る