NEWS

研究成果

公開日:2017.04.04

世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発に成功-モリブデン錯体を触媒とした常温・常圧での窒素固定反応-

研究成果 工学

 窒素原子(N)は、タンパク質や核酸などの生体分子に含まれる、生命にとって必須の元素である。窒素ガスは非常に反応性が乏しく、直接窒素源として利用することができない。したがって、窒素ガスを利用が容易であるアンモニアへと変換する反応は非常に重要である。
今回、東京大学大学院工学系研究科の西林仁昭教授らの研究グループと九州大学先導物質化学研究所の吉澤一成教授らの研究グループは、窒素固定反応に適したPCP(リン—炭素—リン)型ピンサー配位子および窒素分子が配位したモリブデン窒素錯体を新規に分子設計・合成し、これを触媒として用いて常温・常圧で窒素ガスを直接アンモニアへと効率的に変換することに成功した。本モリブデン窒素錯体は長寿命であり、アンモニア合成速度も大幅に向上した。これまでに本研究グループが報告している世界最高のモリブデン窒素錯体の触媒活性を大きく凌駕する触媒活性を達成した。
本研究の成果は、現行のハーバー・ボッシュ法を将来代替する触媒開発に向けて、重要な指針となると期待される。
本研究成果は、2017年4月4日の「Nature Communications(ネイチャー・コミュニケーションズ)」(オンライン速報版)で公開されました。

新規に設計・合成したPCP型ピンサー配位子

モリブデン窒素錯体による窒素ガスからのアンモニア合成

研究に関するお問い合わせ先

先導物質化学研究所 教授 吉澤 一成
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発に成功-モリブデン錯体を触媒とした常温・常圧での窒素固定反応-

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る