NEWS

トピックス

公開日:2018.10.17

エコセンター「伊都キャンパスの環境整備の取り組み」

トピックス

 九州大学エコセンター(伊都キャンパス)は、飲料缶等の回収・処理や除草作業などの環境整備を行うことにより、学内における資源・環境問題に取り組むとともに、本学における教育研究活動に貢献しています。
 平成30年9月13日(木)から4日間は、9月下旬以降の伊都キャンパス移転記念式典や秋季学位記授与式など諸行事の前に、椎木講堂ガレリア前広場の除草作業を実施しました。ブロックタイルの隙間に生えた雑草を1本ずつ手で抜く地道な作業を、エコセンターのパートタイム職員9名およびジョブコーチ3名で無事に終えることができました。
 また、飲料缶等については、伊都キャンパス内19か所のゴミステーションを毎日巡回して回収していますが、中身が残ったままの容器や、タバコの吸い殻、不燃物が混在することもあり、10月4日(木)付けで「ごみ捨てマナー」のお願いを学内に周知しました。
 今後とも、学内の協力を得ながら環境整備に積極的に取り組みます。

除草作業の様子①

除草作業の様子②

作業後のブロックタイル

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る