NEWS

トピックス

公開日:2018.11.08

国立台湾師範大学との大学間交流協定調印式を開催

トピックス

 平成30年10月22日(月)、本学と国立台湾師範大学との大学間学術交流協定および学生交流協定の調印式を本学伊都キャンパスで開催しました。調印式は、今坂講師(芸術工学研究院)が実施した「九州大学と国立台湾師範大学間の教育と研究に関するシンポジウム」の一部にて行われ、国立台湾師範大学からは吳正己校長を含む32名が参加されました。
 国立台湾師範大学とは、本学の工学研究院、理学研究院、薬学研究院、先導物質化学研究所および人間環境学研究院等が既に交流を行っています。また、九州大学全学協力事業基金により行われている「CLP-C」では、毎年本学の学生を国立台湾師範大学に派遣し、学生は、中国語の集中トレーニングと各種文化体験授業を受けています。
 本協定の締結を契機として、国立台湾師範大学との間で更なる交流を推進していきます。

久保総長(左)と呉校長(右)による調印式の様子

九州大学、国立台湾師範大学からの参加者

お問い合わせ

九州大学国際部国際課

電話:092-802-2218
Mail:intlkkoryu★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る