NEWS

トピックス

公開日:2018.12.27

第15回 日本学術振興会賞を本学教員が受賞

トピックス

 平成30年12月27日(木)、独立行政法人日本学術振興会による第15回(平成30年度)日本学術振興会賞の発表があり、本学教員の受賞が決定しました。

竹村 俊彦 応用力学研究所 教授

受賞の対象となった研究業績:
「エアロゾル気候モデルの開発とその気候変動および黄砂・PM2.5分布予測などの大気環境研究への適用」

研究者からひとこと:
修士課程から取り組んできた数値モデル開発とそれを利用した研究が、国内外の多くの方々との共同研究により一定の成果を結び、今回の栄誉ある受賞につながりました。今後も学術の進歩に貢献しながら、研究成果の社会還元にも努めていきます。

 「日本学術振興会賞」は、我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させるため、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を早い段階から顕彰し、その研究意欲を高め、研究の発展を支援していくことを目的に、平成16年度に創設されたものです。
 授賞式は、平成31年2月7日(木)に日本学士院(東京都台東区)において行われる予定です。 

※日本学術振興会賞については、下記URLよりご覧いただけます。
 http://www.jsps.go.jp/jsps-prize/index.html

お問い合わせ

研究・産学官連携推進部研究推進課プロジェクト支援係
電話:092-802-2322
Mail:kesprosien★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る