NEWS

トピックス

公開日:2018.12.25

佐々木裕之主幹教授が2018年度上原賞(研究業績褒章)を受賞

トピックス

 本学生体防御医学研究所の佐々木裕之主幹教授/副学長/高等研究院長が上原記念生命科学財団の2018年度「上原賞(研究業績褒章)」を受賞しました。

 上原記念生命科学財団は、大正製薬社長・会長で国会議員として科学振興に尽力した上原正吉の足跡と創業70周年を記念して、1985(昭和60)年に設立された財団で、上原賞は、生命科学、特に健康の増進、疾病の予防、および治療に関する研究において顕著な功績をあげた現在活躍中の研究者に授与される生命科学分野で国内最高峰の賞の一つです。過去にノーベル賞受賞者3名が受賞しています。

 受賞対象となった佐々木教授の研究は「哺乳類のエピジェネティクス制御機構の解明」で、数々の疾患の病因解明や治療法の開発に貢献する独創的かつ画期的な研究業績であると高く評価されました。

 授賞式は平成31年3月11日(月)に東京都豊島区の上原記念ホールで開催される予定です。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る