NEWS

トピックス

公開日:2012.12.14

東区の小学校で科学実験教室を開催

トピックス

Image
Image

 平成24年12月7日(金),福岡市立若宮小学校(東区若宮)にて,6年生を対象に科学実験教室を開催しました。今回の科学実験教室は,小学校の担任の先生から依頼があったもので,社会貢献の一環として取り組んだものです。
 当日は,工学研究院材料工学部門の宗藤伸治准教授,寺西亮准教授と大学院生により「びっくり科学実験(高温/低温の世界!?)」をテーマに行われ,6年生全3クラス約100名が参加しました。「低温の世界」では,超伝導と液体窒素でモノを瞬間冷凍する実験をしました。超伝導の実験では,冷やした磁石が空中に浮いた瞬間に歓声があがり,また,モノを瞬間冷凍する実験では,膨らんでいた風船がみるみる縮んでいく姿に驚いていました。一方,「高温の世界」では,ドライヤーの熱や自分たちの手の熱といった身近な熱でさえも電気に変えることができる材料があることを知り,科学に対して非常に興味がわいたようで,目を輝かせていました。
 実験を終えて,宗藤准教授からの「九州大学に入学して,科学実験をしてみたくなった人は手を挙げて」という問いに,子どもたちは「入りたいけど・・・」と手を挙げることをためらっていましたが,「入れるかどうかは別にして,入って実験をしたい人は?」と問い直すと,子どもたちの手が一斉に挙がりました。今回の科学実験教室を通して,九州大学はあこがれの大学になったようです。

 

 

【写真】
(上)超伝導の実験
(下)宗藤准教授の問いに手をあげる子どもたち

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る