NEWS

トピックス

公開日:2009.07.14

日本女性科学者の会 2009年度奨励賞受賞!

トピックス

 本学の稲田明理SSP特任准教授(医学研究院)が,日本女性科学者の会(SJWS)2009年度奨励賞を受賞しました。
 
日本女性科学者の会(SJWS)は,「女性科学者の友好を深め,各研究分野の知識の交換をはかり,女性科学者の地位の向上を目指すとともに,世界の平和に貢献すること」を目的として1958年4月に設立され,科学技術の分野において,女性と男性が共に個性と能力を発揮できる環境づくり・ネットワークづくりと社会貢献を目指して活発に活動しています。同会奨励賞は,女性科学者を援助,支援するために自然科学分野で研究業績をあげ,その将来性を期待できる者を顕彰するものであり,1995年の設置以来,これまでに27名の方々が受賞されています。
 2009年度の奨励賞贈呈式は6月28日(日)に学士会本館にて行われました。なお,稲田特任准教授の受賞理由等は以下の通りです。

 

○研究課題:膵臓β細胞産生に関する基礎研究
○賞贈呈理由
 「糖尿病の根治的治療法である再生医療の確立を目指し,その基盤となる膵インスリン産生β細胞の再生に関する分子生物学的研究を推進してきた。重症糖尿病患者治療の選択肢のひとつに膵移植があるが,恒常的なドナー不足や移植後の生体反応の問題などがその発展の妨げとなっている。一方膵β細胞そのものを再生・増殖させる再生医療技術はこれからの糖尿病治療の中核をなすと期待されており,新規治療法の確立へと繋がる基盤研究において受賞者らは著しい成果を挙げた。将来の活躍が強く期待される。」

プレスリリースはこちら

 

【新聞報道】

科学新聞 2009年7月10日

中日新聞 2009年7月14日

 

【参考】

医学部ホームページ

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る