Events イベント

第11回STI政策シンポジウム「政策におけるエビデンスとは何か」

講演会等 申込受付中

 我が国におけるEBPMの取り組みは、内閣府官房行政改革委員会が主導する統計改革の一環として進められてきました。そのため、EBPMと言えばRCT(ランダム化比較実験)とそのメタアナリシスを頂点とする統計的な分析結果に基づく政策とする限定的な理解が先行し、政策プロセスの中でのEBPMの位置づけに関する本質的な議論は、まだ十分に行われていない状況と言えます。本シンポジウムは、そもそも政策決定及び政策評価に必要なエビデンスとは何か、エビデンスのみで政策を決定できるのか、できないとすれば政策決定を補完するためには何が必要か、EBPMは民主的な政策決定にどのような影響を及ぼす可能性があるのかといった論点に関する理解を深めることを目的としています。
 皆様のご参加をお待ちしております。

対象 一般向け、在学生・教職員向け
開催日時 2024.03.04 (月) 13:30 ~ 2024.03.04 (月) 17:00
開催場所 キャンパス外
会場名 アクア博多
会場の住所

MAP

〒810-0801 福岡市博多区中洲5丁目3-8 3F
定員 先着   75名    ※ 当日参加も可
参加費 無料
イベント詳細 【プログラム】
13:30-13:35 【開会挨拶(オンライン)】園田 佳巨(九州大学 理事・副学長)
13:35-13:40 【文部科学省挨拶(オンライン)】小野山 吾郎(文部科学省 科学技術・学術政策局 研究開発戦略課 政策科学推進室長)
13:40-13:50 【開催趣旨説明】永田 晃也(九州大学大学院経済学研究院 教授/科学技術イノベーション政策教育研究センター(CSTIPS) センター長)
13:50-14:30 【基調講演1】黒田 昌裕(慶応義塾大学商学部 名誉教授)
14:30-15:10 【基調講演2】福島 真人(東京大学大学院情報学環・学際情報学府 教授)
15:10-15:30 休憩
15:30-16:10 【基調講演3】杉谷 和哉(岩手県立大学総合政策学部 講師)
16:10-17:00 【パネル討論】(基調講演者3名 司会: 永田 晃也)
申込方法 事前申し込みの必要あり
[FAX、E-mail、Webサイト]
※■ウェブ申込
 下記のフォームよりご入力ください。
 https://forms.gle/CNrLrJeKjcADpUTZ9

■E-mail
 タイトルに「STI政策シンポジウム申込」と明記の上、【参加者氏名・ご所属・役職】を記載し、下記のアドレスまで送付ください。
 office★sti.kyushu-u.ac.jp(★を@に変換ください)

■FAX
 【参加者氏名・ご所属・役職】を記載し、下記まで送信ください。
 092-802-6654
申込受付期間 2024.02.07 (水) -
2024.02.28 (水)
お問合せ先

担当:藤田
電話:092-802-6651
FAX:092-802-6654
Mail:office★sti.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

住所:福岡市西区元岡744 九州大学伊都キャンパス共進化社会 システムイノベーション施設3階
ホームページ https://www.sti.kyushu-u.ac.jp/sympo/top_page.php?RECORD_ID=19
公開期間 2024.02.07 (水) -
関連データ

第11回STI政策シンポジウム_ポスター.pdf (3929KB)