九州大学について

About

総長室

年頭の挨拶(2018年1月1日)

新年明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかな新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

さて、昨年一年を振り返ってみますと、国内外でさまざまな出来事がありました。まず、海外における主な出来事を振り返ってみたいと思います。1月にはアメリカトランプ大統領就任、2月北朝鮮ミサイル発射実験11月まで15回、3月韓国朴大統領弾劾・逮捕、5月フランス大統領選マクロン氏当選、などがありました。
国内では、森友学園や加計学園問題、7月には九州北部豪雨災害、「沖の島」の世界遺産登録、9月には衆議院選挙などがありました。また、天皇陛下の退位が平成31年4月30日と決まりました。

こういった国内外の状況にあって、九州大学における昨年の出来事について述べたいと思います。1月には113番元素を発見された理学研究院・森田浩介教授が朝日賞を受賞、九州大学エネルギーウィークを開催しました。2月には九州経済連合会の麻生泰会長との共同代表として「九州・大学発ベンチャー振興会議」を立ち上げました。地元企業や経済団体と一緒に大学発のベンチャーを支援していきたいと思います。3月にはベトナムを訪問し、ベトナム国家大学との協定や九州大学ベトナム同窓会に出席しました。4月には学園通線が開通しました。5月には梶山千里元総長、笹月健彦特別主幹教授の叙勲、糸島市、セトル株式会社、株式会社西日本シティ銀行および株式会社西日本フィナンシャルホールディングスとの協定による九州大学国際村構想、6月には九州大学の学生サークルとして起業部が発足しております。7月には九州北部豪雨災害がおこり、それに対して「災害調査・復旧・復興支援団」を結成し、現在まで支援を続けております。8月には共創学部の設置認可がおりました。9月には法科大学院施設が六本松421に開所されました。10月には伊都キャンパス南口が開通、福岡県、春日市と環境省の支援による「温室効果ガス排出削減に係る連携と協力に関する包括協定」を締結しました。11月には理学研究院・森田浩介教授が西日本新聞文化賞を受賞、最先端有機光エレクトロニクス研究センター・安達千波矢教授が仁科記念賞を受賞しました。12月には法学研究院・河野俊行教授が国際イコモス会長に就任しました。

本年平成30年には次のような事が予定されています。

  • 1月
    エネルギーウィーク2018
  • 3月
    第2回九州・大学発ベンチャー振興会議
    春季学位記授与式
  • 4月
    共創学部開校
    春季入学式
  • 5月
    開学記念式典
  • 6月
    芸術工学部50周年記念式典
  • 7月
    比較法国際アカデミー第20回国際会議
  • 9月
    秋季学位記授与式
    第4回世界社会科学フォーラム(WSSF)
    伊都キャンパス完成記念式典
  • 10月
    秋季入学式
    九大祭

特に9月に開催される世界社会科学フォーラム、伊都キャンパス完成記念式典は一大イベントであり、九州大学を結集して取り組みたいと思います。

私が2014年10月総長に就任した後、アクションプランを策定し6つの項目を掲げて取り組んでおります。

  1. 世界最高水準の研究とイノベーション創出
  2. グローバル人材の育成
  3. 先端医療による地域と国際社会への貢献
  4. 学生・教職員の誇りに思う充実したキャンパスづくり
  5. 組織改革
  6. 社会と共に発展する大学

重点取り組みとして、

  1. 研究教育機構創設によるイノベーションの創出
  2. 新学部の設置によるグローバルに活躍する人材の育成
  3. 人文社会科学分野等の再編成・機能強化による九州大学の更なる活性化

であります。

それぞれの項目について、これまでの成果についてご紹介いたします。

  1. 世界最高水準の研究とイノベーション創出
    エネルギー研究教育機構を平成28年10月に立ち上げました。未来社会が理想とするエネルギーを具現化するとのビジョンで、九大の中にあるエネルギー関連の教育研究組織を部局の壁を取りさったオール九大のプラットフォーム組織を作りました。総合大学である九大の強みを活かしたものです。昨年1月には、「九州大学エネルギーウィーク2017」を開催し、国際シンポジウムやワークショップなどがあり、約2,000名の参加者がありました。
  2. グローバル人材の育成
    本年4月に共創学部が開設されます。共創学部は17年間の21世紀プログラムの発展型としてできたものです。地球規模の課題を解決できる新たな人材の養成を目的とし、文理融合型の学部であります。AO、推薦、国際型、一般による多様な入試を行い、教育としては、徹底した語学教育、課題解決型のカリキュラム、実践的な恊働学習、海外大学への留学、留学生とのクラス・シェアなどであります。育成する人材像として、国際的・地球的課題に対する解決策をコーディネートし世界に効果的に情報発信できる実務家、新しい社会の仕組みや価値の創出をデザインする専門家、国内外大学院に進学する諸科学の境界・学際的領域の研究者などです。
  3. 先端医療による地域と国際社会への貢献
    九大病院に国際医療部を設置し、外国人の患者の受け入れの促進や、国際化の推進体制を整備しました。また、アジアを中心とした61ヶ国、556施設の医療機関、研究機関とネットワークを接続し、815の教育プログラムを提供するとともに、外国から医療人、研究者を受け入れています。福岡市の外国医師招聘事業との共同事業を展開し、アメリカ、韓国から医師を招聘し、手術などを行っています。久山町研究、油症コホートなどを有機的に連携した総合コホート研究を設置しています。
  4. 学生・教職員が誇りに思う充実したキャンパスづくり
    平成17年から始まりました伊都キャンパスへの移転は、第一ステージ、第二ステージを経て、最終段階の第三ステージに来ており、本年9月には完了する予定です。この伊都キャンパスは、自動運転バス実証実験やエネルギーなどの実証実験キャンパスとしてさまざまな取り組みを行っています。この新しい未来型キャンパスを核として、研究、教育、産学官連携を発展させていきたいと思います。
    また、箱崎キャンパス跡地の利活用については、福岡市などと綿密な連携を元に、跡地処分連絡会を開催し、着実に移転事業を推進しています。移転スケジュールは次のとおりです。
    • 1月
      農学系総合教育研究棟 竣功
    • 2月
      人文社会科学系総合教育研究棟 竣功
    • 5月
      日本ジョナサン・KS・チョイ文化館 竣功
    • 6月
      センター4号館(事務棟) 竣功
    • 10月
      秋学期開始(文・教育・法・経済・農学部が伊都で授業開始)
      新中央図書館全面開館
    伊都キャンパス生活支援施設名称が決まりました。人社系教育研究棟の中の1号館はL-café、2号館はビッグスカイ、農学系教育研究棟の中の食堂はアグリダイニングとなりました。
  5. 組織改革
    平成24年度より始まりました大学改革活性化制度により、今年度までに改革計画57件を採択し、126人の教員ポストを再配置しています。このことにより、大学としてのさまざまな政策課題に機動的、かつ重点的に活用できるようになっています。また、IR情報を一元化し、エビデンスに基づく大学経営に資するための仕組みを構築し、研究分析ツール、研究者プロファイリングのツールを導入しました。
  6. 社会と共に発展する大学
    産学官民連携としてのいろいろな取り組みを行っております。糸島市、住友理工と連携した歩行アシストスーツの実用化、九州大学発ベンチャー(Kyulux)の設立などがあります。また、寄附金の獲得強化に向けて、同窓生、教職員等への寄附の呼びかけ、九大の研究成果のアイデアを活用した九大グッズの販売、糸島市のふるさと応援寄附、などがあります。
    同窓会組織の強化、ネットワークの拡大にも努めています。昨年10月に開催されたアカデミックフェスティバルでは、同窓生、一般市民、高校生および中国、韓国、台湾などの海外からも参加があり約1,600人が来場しました。九大会員は増加してきており、継続寄附者数は、平成26年度の101人から現在は639名になりました。ぜひ本年度中に1,000名の方になっていただきたいと考えています。

Challenge, Change, Creationの3Cで、学生、教職員のみなさんが大きく飛躍し、また、九州大学が新しい歴史を作り発展することを願いまして、新年の挨拶といたします。

九州大学総長   久 保 千 春

総長室

最終更新日:2018年1月10日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る