Events イベント

九州大学「第九」日本人初演100周年記念事業九大フィル史料展示 本日開催

展示 申込受付不要

ベートーヴェン作曲の交響曲第9番は、「歓喜の歌」あるいは「第九」として親しまれ、国民的楽曲として全国各地で演奏されています。本曲は1824年にウイーンで初めて演奏されましたが、その後1924年1月26日、九大フィルハーモニー・オーケストラの前身である九州帝国大学フィルハーモニー会が、昭和天皇のご成婚を祝って第4楽章を日本人で初めて演奏しました。
今回は本学が所有する当時の貴重な史料を展示します。

対象 一般向け、高校生向け、小・中学生向け、在学生・教職員向け、その他
開催日時 2024.06.10 (月) 10:00 ~ 2024.08.04 (日) 17:00
開催場所 伊都キャンパス
会場名 フジイギャラリー
会場の住所
定員 なし
参加費 無料
イベント詳細 九州大学大学文書館保管されている、九大フィル創立以来の古い楽譜や、当時使われていた楽器などを伊都キャンパスで公開展示します。

また、以下のとおり今回の企画についてのギャラリートークと当時の楽器の試奏も予定しています。
6月12日(水)
12時30分~13時30分
講師:岡﨑敦 九州大学名誉教授
申込方法 事前申し込み不要
申込受付期間 なし
お問合せ先

担当:工学研究院教授(九大フィル顧問)藤本
電話:092-802-3505
FAX:092-802-3501
Mail:n.fujimoto★nucl.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

ホームページ https://twitter.com/KUdai9_100th
公開期間 2024.06.04 (火) -
関連データ

exhibition-flyer_2.pdf (3225KB)