NEWS

赤ちゃんは「直感に反する」能力を示す者が優位であることを期待する

 
超自然性と社会的優位性とを結びつける心理的傾向の発達的起源

公開日:2021.05.26

 

研究成果 Life & Health

研究成果のポイント

  • 生後12-16カ月の乳児が「超自然的能力と社会的優位性とを結びつけている」ことを行動実験で解明
  • 従来知られていた乳児期の物理的「知識」(超自然的物理現象への注目)が、この時期から既に社会的な判断バイアスにつながっていることを見出した
  • 超自然性と社会的権力とを関連付ける宗教性の起源をめぐる考察に、発達研究から貢献

概要

 大阪大学大学院人間科学研究科の孟憲巍(モウ ケンイ)助教、高知工科大学の中分遥(ナカワケ ヨウ)助教、九州大学の橋彌和秀(ハシヤ カズヒデ)教授、オックスフォード大学のHarvey Whitehouse(ハーヴェイ ホワイトハウス)教授らの研究グループは、生後12-16カ月の乳児が「反直観的※1で超自然的な能力を示す者は社会的優位性※2が高い」と期待することを、視線を用いた行動実験によって示し、こうした傾向が発達初期から備わっていることを明らかにしました(図1)。
 このような「判断バイアス」をヒトが発達の初期から備えていることは、人類史上多くの宗教的集団において超自然的な力を持つとされる存在が権威を持ってきたことや、現代社会においてもこの結び付きが根強く見られることの人間の心理的基盤を理解するうえで役立つことが期待されます。
 本研究成果は、英国科学誌「Scientific Reports」に、5月25日(火)18時(日本時間)に公開されました。

図1 実験のイメージ

用語説明

※1 反直観的
例えば、手品で用いられるような、支えも無く物体が浮遊する、瞬間移動するといった物理的直観に違反する性質を指します。これまで乳児は、こうした物理的直観に従うものと、直観に違反するものを区別し、後者に対してより「驚き」を示すことが知られていました。宗教を認知科学的に研究するアプローチでは、こうした反直観的ないしは超自然的な現象を信じることが、世界の宗教に共通するパターンであることが議論されてきました。

※2 社会的優位性
社会的な上下関係を示します。こうした社会的関係を示す状況の一つが、優先的に資源を獲得するような状況です。これまで、乳児研究(および動物研究)では、あるキャラクターAが別のキャラクターBよりも優先的に資源を獲得すると期待するとき、乳児が「AがBよりも社会的優位」と理解していると推測していました。

論文情報

タイトル:
著者名:
Xianwei Meng, Yo Nakawake, Kazuhide Hashiya, Emily Burdett, Jonathan Jong and Harvey Whitehouse 
掲載誌:
Scientific Reports  

研究に関するお問い合わせ先

人間環境学研究院 橋彌和秀 教授