NEWS

トピックス

公開日:2014.07.28

箱崎公民館で「世界一大きな授業」ワークショップを開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   平成26年7月12日(土),箱崎公民館にて「世界一大きな授業」(※)のワークショップを開催しました。「世界一大きな授業」は今年5月に本学の公開講座や東箱崎公民館への出張講座として行ったものでしたが,今回は箱崎小学校の児童と保護者を対象に箱崎公民館において行いました。

 ワークショップでは法学部国際政治学ゼミ(担当教員:大賀哲准教授)の学生がファシリテーターを務め,4つのアクティビティを行いました。クイズ形式で世界の教育について考える「教育クイズ」,字の読めない状態を疑似体験する「識字ゲーム」,パキスタンの人権活動家マララ・ユサフザイさんのエッセイを読んで教育の大切さを話し合う「エッセイ」,世界の子どもたちを学校に通えるようにするために日本政府は何をすべきなのかを話し合う「政策提言」です。特に「エッセイ」や「政策提言」のグループワークでは,子どもたちが活発に議論し,グループ内で話し合った意見や提言を取りまとめて発表しました。


 今回のワークショップには,箱崎小学校から児童と保護者の方々合わせて30名以上が参加しました。参加者からは「大人と子どもの考え方の違いなど,世界の交流の大切さが分かった」「いろんなことを考えることができて良かった」「マララさんの言葉で世界が変わったのがすごいと思った」など前向きな意見が聞かれ,世界の教育の現状について考え,話し合うための良い機会となりました。


(※)「世界一大きな授業」とは,世界100カ国のNGOや教育機関が同時期に開催する,教育の現状を考える地球規模のイベントです。

 

【写真】

(上)教育クイズに取り組む参加者

(中)グループワークの様子

(下)政策提言を発表する子どもたち

「公開講座」のリンクはこちら
「出張講座」のリンクはこちら

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る