NEWS

「指定国立大学法人」の指定について

公開日:2021.11.22

 

トピックス

 九州大学は、2021年11月22日付けで文部科学大臣より「指定国立大学法人」の指定を受けました。
 指定国立大学法人は、国際的な競争環境の中で、世界の有力大学と伍していくことが求められ、社会や経済の発展に貢献する取組の具体的成果を積極的に発信し、国立大学改革の推進役としての役割を果たすことが期待されています。

石橋達朗総長コメント

 本学は、指定国立大学法人として「総合知で社会変革を牽引する大学」を目指し、ガバナンスと財務基盤の強化を図るとともに、地球規模での喫緊の社会的課題であり、また本学が持つ強みを活かした「脱炭素」、「医療・健康」及び「環境・食料」における課題の解決や、デジタルトランスフォーメーションによる教育・研究・医療の高度化を大きな柱に、教育、研究、社会との連携、国際協働の取組を展開します。
 そして、総合大学が持つ自然科学系や人文社会科学系、さらには芸術工学等も含めた本学の多様な知による総合知を創出し、学内外の皆様との協働を通じて、福岡・九州から、日本、アジアそして世界へと広げ、直面する社会的課題を解決して持続可能な社会の発展と人々の多様な幸せ(Well-being)を実現できる社会づくりに貢献したいと考えています。
 今回の指定を受け、大学が進むべき方向性を見極めながら、着実にこの構想が実現するように、本学構成員と力を合わせて取り組むことをあらためて深く心に命じました。皆様には一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

指定国立大学法人構想概要