九州大学について

About

将来計画・大学評価・IR

大学改革等への取り組み

芸術工科大学との統合

統合に関する「合意書」及び「覚書」調印式(平成13年7月17日)

芸工大との統合に向けて

(写真)「合意書」と「覚書」に署名する吉田九州芸術工科大学長(左)と杉岡九州大学総長(右)

 九州大学の杉岡洋一(すぎおか よういち)総長と九州芸術工科大学の吉田将(よしだ すすむ)学長は、7月17日(火)、両大学の統合に関する「合意書」と「覚書」に調印しました。
 今年の2月20日、両大学は統合について検討を開始することを発表しましたが、その後各大学の検討委員会で検討を進め、この日統合に向けた学内合意が得られたとして調印の運びとなりました。
 これからは、両大学合同で統合協議会を設置して統合や統合後に必要な事項についての検討を開始します。調印後の記者発表で、杉岡総長と吉田学長は、「お互いに教育研究両面で大きなメリットがあるとの判断から始まった話であり、今後の検討で特に大きな困難があるとは考えていない。」と話しました。