EVENTS

EVENTS

公開日:2022.10.03

鍵盤三景 Three views of the keyboard

公開講座 大橋キャンパス 申込受付終了

ピアノ。白鍵52、黒鍵36をの計88を数え、広い音域と深い音楽性は多くの音楽家を惹きつけ続けています。「鍵盤三景」は、このピアノという楽器をベースに、アコースティック、プリペアド、エレクトロニクスといった方法で最先端のキーボード音楽の歴史、現在、そして未来を俯瞰しようとするものです。
今回の一連の演奏会は、2022年2月に行われた"Feldman meets freq"を前身としています。九州大学芸術工学部が誇る設備で、芸工内外の優れた作曲家、演奏家の音楽をお楽しみください。鍵盤の向こう側が新たに見えれば、とても嬉しいです。

The piano: with its 52 white and 36 black keys, the piano continues to attract many musicians for its wide range and deep musicality. The "Three Views of the Keyboard" project is centred around the piano as an instrument and looks at the history, present, and future of cutting-edge keyboard music using acoustic, prepared, and electronic methods.
This series of concerts follows on from "Feldman meets freq", which took place in February 2022. Enjoy the music of outstanding composers and performers from the Kyushu University's Faculty of Design and from around the world. We will be very happy if you can see another side of the keyboard in a new light.

対象 一般向け
開催日時 2022.10.30 (日) 16:00 ~ 2022.10.30 (日) 19:30
開催場所 大橋キャンパス
会場名 九州大学大橋キャンパス音響特殊棟
会場の住所 福岡市南区塩原4-9-1
定員 先着   40名
参加費 有料   2200円    ※ 1日券:2,200円(一般)、1,100円(学生及び九大教職員) 通し券(10枚限定):5,500円(一般)、2,750円(学生及び九大教職員)
イベント詳細 第2回:「ハイパーピアノ:鍵盤を越えて」
日程:2022年10月30日(日)16時開演、15時半開場
演奏者:西岡怜那(ピアノ)、松宮圭太、芸工学生(電子)
曲目: ジョン・ケージ「Bacchanale」プリペアド・ピアノのための(1940年)
松宮圭太「したたり」ハイブリッドピアノのための (2019年)
Cassandra Miller「Philip the Wanderer」ピアノとページターナー(2013年)
ケージ「Music for Marcel Duchamp」プリペアド・ピアノのための(1947年)Jonathan Harvey「Tombeau de Messiaen」ピアノとテープのための(1994年)
Michael Pisaro「fields have ears (1)」ピアノとテープのための(2008年)

アフタートーク:西岡怜那、松宮圭太、城一裕、ゼミソン・ダリル

第3回:「ゾンビピアノ」
日程:2023年2月26日(日)
演奏者:安野太郎(ディスクラビア・作曲)
曲目:ゾンビ音楽・ディスクラビアのための作品
アフタートーク:安野太郎、城一裕
申込方法 事前申し込みの必要あり
[Webサイト]
※下記URLよりお申込みをお願いいたします。
https://kenbansankei.peatix.com/
申込受付期間 2022.06.23 (木) - 2022.10.30 (日)
お問合せ先

担当:Daryl Jamieson
Mail:jamieson★design.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

ホームページ
公開期間 2022.10.03 (月) -
関連データ

Three views of the keyboard.pdf (1004KB)