NEWS

研究成果

公開日:2018.04.13

久山町・九州大学・DeNAが「ひさやま元気予報」を開発
-ICTを活用して疾患の発症に関する情報提供、健康増進への取り組みを開始-

研究成果 医歯薬学

 久山町(町長: 久芳 菊司)、九州大学(所在地:福岡市西区、総長:久保 千春)、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下 DeNA)は、久山町と九州大学が行っている疫学調査「久山町研究」の研究成果に基づき、「ひさやま元気予報」を開発し、ICTを活用した健康増進への取り組みを久山町民向けに開始します。「ひさやま元気予報」は、疾患の発症に関する情報を提供し、個人の行動変容を促すICTツールです。

研究に関するお問い合わせ先

医学研究院 教授 二宮 利治
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • 久山町・九州大学・DeNAが「ひさやま元気予報」を開発 -ICTを活用して疾患の発症に関する情報提供、健康増進への取り組みを開始-

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る