NEWS

研究成果

公開日:2019.10.18

組織・臓器の発生プロセスのエラー回避機構を発見
〜がんや先天性疾患などの発症機構理解に新たな視点〜

研究成果 医歯薬学

 大阪大学微生物病研究所の龝枝佑紀助教、石谷太教授(群馬大学生体調節研究所兼任)、群馬大学大学院医学系研究科博士課程の小神野翔平氏らの研究グループは、九州大学生体防御医学研究所の大川恭行教授らとオリンパス株式会社との共同研究により、動物組織の健康性が、不良細胞を排除する「モルフォゲン勾配ノイズキャンセリング」というシステムにより支えられていることを突き止めました。
 本研究成果は2019年10月17日(木)18時(日本時間)にネイチャー姉妹誌「ネイチャーコミュニケーションズ」に掲載されました。

図1:モルフォゲン勾配ノイズキャンセリングは胚に生じた不良細胞を除去し、胚を構成する細胞の質と機能を適切に維持することで、健康な個体構築を支える

研究に関するお問い合わせ先

大川 恭行 生体防御医学研究所 教授
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • 組織・臓器の発生プロセスのエラー回避機構を発見 〜がんや先天性疾患などの発症機構理解に新たな視点〜

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る