NEWS

地層「千葉セクション」のIUGS(国際地質科学連合)における審査結果について

公開日:2020.01.17

 

研究成果 Humanities & Social Sciences

 本日(2020年1月17日)午前、韓国釜山において開催された、IUGS(国際地質科学連合)の理事会においてGSSPの審議および投票が行われ「千葉セクションのGSSP提案」が承認されました。
 これにより「千葉セクション」は前期‐中期更新世境界のGSSPとして認定され、地質時代の中期更新世(約77万4千年前~約12万9千年前)が、「チバニアン(Chibanian)」と名付けられることとなりました。

 前期‐中期更新世境界のGSSP審査は、2017年6月に開始されました。千葉セクションは、2017年11月、審査の第1ステップにあたる下部−中部更新統境界作業部会(WG)で、申請された3つの地層の中からGSSP候補に選ばれ、続いて2018年11月に第2ステップにあたる第四紀層序小委員会(SQS)での審査を通過。そして、2019年11月には第3ステップとなる国際層序委員会(ICS)を通過し、最終段階である、国際地質科学連合(IUGS)の理事投票結果を待つのみ、となっていました。

 これまで、日本にGSSPはありませんでした。本日、千葉セクションが日本初のGSSPとして認定されたことにより、日本の地名に由来した地質時代の名称が誕生しました。これは、地質学だけでなく、日本の科学史においても大きな出来事になります。また、地質学の一般への普及や小・中・高校生などへの教育においても大きな波及効果が期待されます。

研究に関するお問い合わせ先