NEWS

温室効果ガスを光照射で水素や化学原料に変換-高性能な光触媒を開発-

公開日:2020.01.28

 

研究成果 Physics & Chemistry Materials Environment & Sustainability

 東京工業大学 物質理工学院 材料系の庄司州作博士後期課程3年と宮内雅浩教授、物質・材料研究機構の阿部英樹主席研究員、高知工科大学の藤田武志教授、九州大学大学院工学研究院の松村晶教授、静岡大学の福原長寿教授らの共同研究グループは、低温でメタンの二酸化炭素改質反応(ドライリフォーミング )を起こすことができる光触媒材料の開発に成功しました。
 ロジウムとチタン酸ストロンチウムからなる複合光触媒を開発し、光照射のみでドライリフォーミングを達成しました。ヒーター等による加熱を必要としないため、燃料の消費が大幅に抑えられるとともに、加熱による触媒の劣化が起こらず長期間安定的に反応を継続することができ、地球温暖化ガスを有効利用できる方策として期待されます。
 ドライリフォーミングは温室効果ガスのメタンと二酸化炭素を有用な化学原料に変換できる魅力的な反応ですが、800 ℃以上の加熱が必要で、かつ加熱による触媒凝集ならびに炭素析出による劣化の問題から、実用化には至っていません。
本研究は科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業CREST 研究領域「多様な天然炭素資源の活用に資する革新的触媒と創出技術」(研究総括:上田 渉)における研究課題「高効率メタン転換へのナノ相分離触媒の創成」(研究代表者:阿部 英樹)において実施しました。研究成果は英国科学誌「Nature Catalysis」に1月27日(現地時間)にオンライン掲載されました。

研究に関するお問い合わせ先