NEWS

時計遺伝子を欠く変異体での概日減衰振動を発見

公開日:2020.05.07

 

研究成果 芸術工学

 早稲田大学理工学術院の岩崎秀雄(いわさきひでお)教授および河本尚大(かわもとなおひろ)助手、九州大学大学院芸術工学研究院の伊藤浩史(いとうひろし)准教授、立命館大学理工学部機械工学科の徳田功(とくだいさお)教授の研究グループは、シアノバクテリアの「概日時計(生物時計)」に関して、従来必須とされてきた3種類の時計遺伝子の1つがなくても、弱い振動(減衰振動)を生じることを発見しました。また、この時計遺伝子の1つを破壊したシアノバクテリアでも、24時間周期の外力を与える共鳴実験により、振れ幅の大きな概日周期性を持つことを明らかにしました。今後、今まで認識されていなかった隠れたリズム現象が、哺乳類や高等植物でも見つかる可能性があります。
 本研究成果は、2020年5月7日午前10時(英国時間)に英国科学誌(オープンアクセス誌)『Nature Communications』のオンライン版で公開されました。

論文情報

Damped circadian oscillation in the absence of KaiA in Synechococcus ,Nature Communications,
https://doi.org/10.1038/s41467-020-16087-x

研究に関するお問い合わせ先

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る