NEWS

レ二ウム金属の超伝導転移温度が“せん断ひずみ”によって飛躍的に上昇するメカニズムを解明

公開日:2016.11.04

 

研究成果 工学

 九州工業大学、九州大学、兵庫県立大学、産業技術総合研究所の研究者は、レ二ウム金属の超伝導転移温度が“せん断ひずみ”の導入によって本来の値の約2倍まで上昇することを物理的に解明しました。この現象は、“せん断ひずみ”によって単位胞の体積が増加し、電子状態の変化に伴って電子格子相互作用が増加したことによると説明できます。この成果は、超伝導という巨視的な量子現象が材料工学的な組織微細化技術で操作できることを示すものであり、超伝導転移温度上昇への新しい研究手法を開拓したことになります。このように、本来、材料の組織を破壊する“せん断ひずみ”が、巨視的な量子現象を安定化させることを実験的・理論的に明らかにしたことは、物性研究の常識を覆す成果と言えます。
 本研究成果は11月4日(英国時間10時)、英国科学誌Natureの姉妹紙「Scientific Reports」に掲載されました。

本研究ではレ二ウム金属に24万気圧下で最大10回転の巨大ひずみが導入された。

研究に関するお問い合わせ先

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る