NEWS

緑茶の抗肥満作用を柑橘由来成分が増強

 
~食品成分の機能的な組み合わせ(機能性フードペアリング)の実証~

公開日:2021.10.05

 

研究成果 Life & Health Physics & Chemistry

 九州大学大学院農学研究院の立花宏文主幹教授と北海道情報大学の西平順学長らの研究グループは、トヨタ自動車株式会社との共同研究において、柑橘由来ポリフェノールが緑茶の抗肥満作用を増強することをヒト介入試験で明らかにしました。
 これまでに緑茶に抗肥満作用があることは知られていましたが、緑茶カテキンを高濃度に含む緑茶を摂取する必要がありました。一方、立花主幹教授らはこれまでに、柑橘由来のポリフェノールが緑茶カテキンの機能を向上させることを細胞実験や動物実験で明らかにしてきました。そこで、緑茶と柑橘由来ポリフェノールの併用摂取が健康機能に与える影響を調べるために、ヒトを対象とした試験を実施しました。30~75歳の健康な日本人男女60名を対象に介入試験を12週間行ったところ、緑茶と柑橘由来ポリフェノールを組み合わせて摂取することで、従来よりも少ない量の緑茶カテキンの摂取で抗肥満作用が期待できることがわかりました。
 今回の研究成果を基に、抗肥満作用を訴求した食品の開発が期待されます。また、緑茶カテキンと柑橘由来ポリフェノールの機能性フードペアリングは抗肥満作用以外の生体調節作用に対しても有効である可能性が示されているため、ヒトにおける実証研究が待たれます。
本研究成果は、2021年9月24日 (金) 10:00(英国時間)にScientific Reports 誌にオンライン掲載されました。

図1 これまでの研究および本研究の位置づけ

緑茶の生体調節作用(抗肥満作用、抗がん作用、抗アレルギー作用、筋萎縮予防作用)が柑橘由来のポリフェノールによって増強されることが細胞試験、動物試験、疫学調査などで示されていましたが、ヒトレベルでの検証は行われていませんでした。

研究者からひとこと
健康・長寿大国の礎の一端を支える日本食に含まれる成分間の機能的な相互作用を解明していきたいと考えています。

論文情報

タイトル:
著者名:
Ren Yoshitomi, Mao Yamamoto, Motofumi Kumazoe, Yoshinori Fujimura, Madoka Yonekura, Yasuyo Shimamoto, Akari Nakasone, Satoshi Kondo, Hiroki Hattori, Akane Haseda, Jun Nishihira, and Hirofumi Tachibana* (*Corresponding author)
掲載誌:
Scientific Reports 11, 19067 (2021)
DOI:
https://doi.org/10.1038/s41598-021-98612-6

研究に関するお問い合わせ先

農学研究院 立花 宏文 教授