NEWS

「つわりがあると赤ちゃんは大きく生まれるのに、
重いつわり(妊娠悪阻)では赤ちゃんが小さく生まれる」の謎を解明

 
~症状が治まったあと(妊娠中期後)の“妊婦の体重の伸び悩み”がカギか~

公開日:2022.04.20

 

研究成果 Life & Health

ポイント

  • 「つわりがある妊娠では赤ちゃんは大きく生まれるのに、妊娠悪阻(にんしんおそ=つわりの重症型)を伴う妊娠では赤ちゃんは小さく生まれる」ことは国内外の多くの研究から分かっています。しかし、この一見相反するこの現象の原因は不明でした。
  • 本研究では、妊娠悪阻を伴う妊娠では症状が治まったあと(妊娠中期以降)も妊婦の体重が伸び悩むことが、赤ちゃんが小さく生まれる事象を部分的に説明できることを明らかにしました。
  • 人によっては妊娠中期以降も吐き気や嘔吐が続くことがあるので難しい面もありますが、今回の調査結果は一般的につわりの症状が収まるとされる妊娠中期以降の妊婦への教育的・栄養的介入により、赤ちゃんの母胎内での発育低下が予防可能である可能性を示唆する結果であるため、今後の介入開発が期待されます。

概要

エコチル調査福岡ユニットセンター、国立成育医療研究センター社会医学研究部・森崎菜穂部⾧、教育研修室・永田知映室⾧、九州大学大学院医学研究院 保健学部門 産科婦人科・諸隈誠一教授らの研究チームは、エコチル調査の約 10 万人の情報を用いて赤ちゃんの出生時の体重に関する調査を行いました。一般的に「つわりがあると赤ちゃんは大きく生まれ、重いつわり(妊娠悪阻(にんしんおそ))があると赤ちゃんは小さく生まれる」と言われています。今回の調査では、この通説の理由のひとつに、妊娠悪阻の症状が治まったあと(妊娠中期後)の妊婦の体重の伸び悩みが関係していることを示唆する結果を発表しました。本研究の成果は、令和4年 3 月 12 日に産科学分野の学術誌 BMC Pregnancy andChildbirth に掲載されました。

【「妊娠悪阻」と「妊娠中期までの体重増加」の有無による赤ちゃんの出生体重の違い】

論文情報

題名(英語):Lack of catch-up in weight gain may intermediate between pregnancies with
hyperemesis gravidarum and reduced fetal growth: the Japan Environment and Children’s Study
著者名(英語): Naho Morisaki* 1), Chie Nagata* 2), Seiichi Morokuma3), Kazushige Nakahara4),
Kiyoko Kato4), Masafumi Sanefuji5), 9), Eiji Shibata6), 10), Mayumi Tsuji7), 10), Masayuki
Shimono8), 10), Toshihiro Kawamoto10), Shouichi Ohga5), 9), Koichi Kusuhara8), 10), Japan
Environment & Children’s Study Group11)
1 森崎 菜穂*:国立成育医療研究センター社会医医学研究部
2 永田 知映*:国立成育医療研究センター教育研修センター
3 諸隈 誠一:九州大学大学院医学研究院 保健学部門
4 加藤 聖子、中原一成:九州大学医学部 産科婦人科
5 實藤 雅文、大賀 正一:九州大学医学部 小児科
6 柴田 英治:産業医科大学医学部産婦人科学講座
7 辻 真弓:産業医科大学医学部衛生学講座
8 下野 昌幸、楠原 浩一:産業医科大学医学部小児科学講座
9 實藤 雅文、大賀 正一:九州大学環境発達医学研究センター
10 柴田 英治、辻 真弓、下野 昌幸、川本 俊弘、楠原 浩一:エコチル調査産業医科大学サブユニットセンター
11 グループ:コアセンター⾧、メディカルサポートセンター代表、各ユニットセンター⾧
* 共同第一著者
掲載誌:BMC pregnancy and childbirth

doi: 10.1186/s12884-022-04542-0

研究に関するお問い合わせ先

  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • 「つわりがあると赤ちゃんは大きく生まれるのに、 重いつわり(妊娠悪阻)では赤ちゃんが小さく生まれる」の謎を解明