NEWS

椎木講堂が福岡県美しいまちづくり建築賞の大賞を受賞

公開日:2015.02.02

 

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成27年1月20日(火),第27回福岡県美しいまちづくり建築賞が発表され,伊都キャンパスの椎木講堂が一般建築の部で大賞を受賞しました。
 本賞(福岡県主催,一般財団法人福岡県建築住宅センター協賛,ほか13団体後援)は,美しいまちづくりに対する県民意識の醸成を図ることを目的として,毎年実施されているものです。本年は,一般建築の部41点,住宅の部42点の総数83点の応募があり,一般建築の部,住宅の部それぞれに大賞1点,優秀賞1点,一般財団法人福岡県建築住宅センター理事長賞1点が選定されました。
 椎木講堂(鉄筋コンクリート造,大屋根鉄骨造,延べ床面積約13,000㎡)は平成26年3月に竣工し,通常の大学各種式典だけではなく,高度な建築技術を駆使してクラシックコンサートにも利用できる音響性能を実現させた点,さらには,昭和5年に建設された箱崎キャンパスの旧工学部本館の外壁タイルのデザインを用い,大学の長い歴史を継承した点などが高く評価されました。
 表彰式は平成27年5月6日(水・祝)に福岡県景観大会にて行われる予定です。

【写真】
(上)椎木講堂正面
(下)コンサートホール内観

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る